ガーデン

手入れをお任せする│芝生をキレイにしてもらいましょう

作業で注意すること

草刈り

草刈という作業は簡単に見えますが、使用する道具には危険なものが多いので注意してください。基本的には鎌を使用して雑草を借りますが、刃物を使用しますから怪我をする恐れがあります。雑草を掴んで鎌で切り取るという作業ですが、鎌の力加減を余ってしまい怪我をしたという人もいるので危険です。小さい雑草ならば鎌でも大丈夫ですが、太い葉の場合は草刈機を使用しましょう。この機械ならばしゃがんで作業をすることもないので、足腰に負担がかかることはありません。ですが、この機械は刃を高速で回転させて草を刈るため使い方を間違ってしまうと使用している人は怪我をします。それだけではなく、周りに人がいると危ないので周りを確認してから作業を行ないましょう。歩道で作業を行なう際は、通行人を常に意識して人が通る時は電源を切るようにして作業を行ってください。

雑草が伸びてくる時期は夏ですから、草刈を行なう回数は夏になると多くなるでしょう。夏の時期は気温が高いだけでなく、太陽の光を直接浴びることになります。作業を行なう際は、帽子を被って長袖長ズボンという服装に着換えるようにしてください。帽子を被ることで熱中症や日射病といって症状を和らげることができますし、長袖長ズボンを着用することで日焼け対策も行なえます。また、草刈機を使用した際に刃によって小石や枝を飛ばしてしまうでしょう。長ズボンを着用していないと、足に小石が当ってしまい怪我をしてしまうのです。それを防ぐためにも、服装に気をつけて安全に作業を行なう必要があるのです。